底辺手取り21万円が節約のため株はじめた。

197○年生まれ独身、底辺手取り21万円が節約のため株はじめました。 2013年前半に株取引開始。総資産1200万円 内訳 株800万円 投信(インデックスファンド)170万円 預貯金200万 年間配当金16万円(税引後) 株主優待約20社   株での確定益と含み益は約300万円  基本買ったらずっとホールド インデックス投資に目覚める、やっと今年から積立スタート。節約しつつ資金を捻出。株主優待で食費節約。

スポンサーリンク
1週間ほど前ですが届きました。

カネ美食品(株) 2669

食品、主にスーパー惣菜、コンビニ弁当などユニーと密接

3月末日・9月末日


100株以上 セレクトグルメ3000円相当が年二回 1年で6000円相当ってことですね。

持ってる株数によりセレクトグルメの金額アップ。

配当金も5500円もくれます。


今は34万円出さないと買えないのでちょっと高いですかね。

私が2年前に買った時も30万円台でしたので他の優待銘柄に比べたらあまり上がってない印象です。


全体
カネミ食品



上部アップ
カネミ食品2


下部アップ

カネミ食品3


以前頂いた「カニ缶、ふかひれスープ缶」のカニ缶は美味しいのですが、スープ缶がしょっぱい上にそれほどおいしくないという感じでした。

「ビーフコロッケ、ミンチカツ」はレンジでチンして食べるものと思っていたら、自分で揚げなくてはいけないもので初めて揚げ物を自宅でしました。

揚げたてめちゃうまかった! でも手間がかかるので今回はパス。


今回はしぶく「小豆島佃煮御前」に決めました。

自分ではスーパーで絶対買わないものを選べるのが優待のいいところ。


年2回もくれるので家計は大助かりです。


資金を節約で貯めて投資に回す。

投資先が食料、生活用品、配当金などくれるのでさらに節約が加速。

投資も自然と無理なく加速。

以下無限ループ



このループ誰でもできます。
早ければ早いほど威力が増す。

さあ、一緒に始めましょう。
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL