底辺手取り21万円が節約のため株はじめた。

197○年生まれ独身、底辺手取り21万円が節約のため株はじめました。 2013年前半に株取引開始。総資産1200万円 内訳 株800万円 投信(インデックスファンド)170万円 預貯金200万 年間配当金16万円(税引後) 株主優待約20社   株での確定益と含み益は約300万円  基本買ったらずっとホールド インデックス投資に目覚める、やっと今年から積立スタート。節約しつつ資金を捻出。株主優待で食費節約。

スポンサーリンク
私がお勧めする証券会社

楽天証券、SBI証券です。


推奨理由

ネット証券大手

売買手数料が比較的安い

ノーロードや信託報酬が安いオススメできる投資信託が豊富(投資信託の99%は信託報酬が高いのでオススメできません。)

投資信託残高によって楽天ポイント(年率0.05%)、SBIポイント(年率0.1%)が貯まる。

銀行と証券を両方開設することで普通預金年率0.1%ほどになる。
(楽天マネーブリッジ普通預金口座利率が0.1%)
(SBIハイブリット口座←普通預金口座ではなく株など買うために預けておくMRFのようなもの利率0.08%)



私が初めに開設した松井証券は10万円以下の売買は手数料無料ですが、それ以上の金額になるとおよそ他の証券会社の倍になるので今はメインではありません。

その次に開設したライブスター証券は手数料、業界最安値ですが投資信託の種類があまりない。
株取引だけならいいと思います。


楽天、SBI共に普通預金(SBIはMRF)の利率が0.1%ほどになるので株やらない人も開設しても損はしません。

今調べましたが(6/5)じぶん銀行3か月定期預金0.2%、新生銀行2週間満期預金0.1%と同程度の金利付きますね。

ただ、いつでも引き出せる普通預金の利率が0.1%ほどになるのでオススメです。


私は今株を買うときは楽天のNISA口座で買っています。買い付け手数料無料になるので。

年間100万円の枠ですがそんなに買いませんし。

NISA口座開設したとき投資信託1000円分プレゼントもらいました、大手だと何かともらえるのでよいですよ。
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL