底辺手取り21万円が節約のため株はじめた。

197○年生まれ独身、底辺手取り21万円が節約のため株はじめました。 2013年前半に株取引開始。総資産1200万円 内訳 株800万円 投信(インデックスファンド)170万円 預貯金200万 年間配当金16万円(税引後) 株主優待約20社   株での確定益と含み益は約300万円  基本買ったらずっとホールド インデックス投資に目覚める、やっと今年から積立スタート。節約しつつ資金を捻出。株主優待で食費節約。

スポンサーリンク
インデックス投資、株やり始めた2年前からやりたかったんですよ。

ただ種類が多すぎて何を買っていいのやらわからなかったんです。

私がオススメした本にもETF、インデックスファンドが紹介されていますが数年前の本なのでどうしても古い情報。

その点、日本個別株はわかりやすいので、雑誌を買ってはめぼしい優待株をガンガン買っていってました。



最近やっとインデックス投資家さん達のブログでいろいろ見ていくうちになんとなくわかってきました。

インデックス投資日記@川崎のkenzさんのブログは参考になります。

各ファンドのクラス毎に信託報酬など一覧表になっているので、もうここを参考にして選ぶしかないという感じです。

いろいろ調べると今年あたりから販売開始された、ニッセイの購入換金手数料なしのインデックスファンドの種類が一番信託報酬が安いみたいです。

隠れコストなるものがあるらしく、実質コストは時間がたたないとわからないらしいですが、私はおおむね最安値なら良いという感じで決めました。

インデックスファンドで積み立てて、100万円ぐらいになったらETFに切り替えのリレー投資ですが、手間がかかるということと、今は十分安いインデックスファンドがあるということで私はETFは考えてません。

ものすごく詳しい人がETFを買っているという印象ですね。



まずリスク資産
                                
<購入換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
評価額283000円 損益+23000 毎月の積立2万円

<購入換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド
評価額93000円 損益-6000円   毎月の積立なし

eMAXIS新興国株式インデックスファンド
評価額277000円 損益+17000円 毎月の積立2万円



無リスク資産

<購入換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
評価額507000円 損益-2000円 毎月の積立2万円

eMAXIS国内債券インデックスファンド
評価額196000円 損益-3000円   毎月の積立なし

<購入換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド
評価額416000円 損益+6000円 毎月の積立2万円


評価額合計1.777.000円 トータルリターン36000円



わかりづらい・・・。左から現在の評価額、損益(トータルリターン)、毎月の積立です。

今年の正月から注文開始で最初にドカッと注文して先月あたりから自動引き落としで積み立てています。


まず無リスク資産が少ないので早急に何とかしたい、ポートフォリオの30〜40%が当面の目標。
現在は10数%。

とはいえ今年中にアメリカ利上げで円安ドル高になるので外貨建て資産である外国株式、外国債券も早急に買いたいところ。

ブレは大きいものの人口増で確実に経済成長が見込める新興国株も外せない。
要は全部買いたいんです・・・。


新興国株式インデックスファンドがeMAXISなのは単にニッセイがまだ販売してないからで、eMAXIS国内債券インデックスファンドが中途半端にあるのも当時ニッセイで国内債券インデックスファンドを販売してなかったからです。

Jリートインデックスファンドは今後買い増し予定はありません。日本株で十分不動産株は購入しているからです。
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック