底辺手取り21万円が節約のため株はじめた。

197○年生まれ独身、底辺手取り21万円が節約のため株はじめました。 2013年前半に株取引開始。総資産1200万円 内訳 株800万円 投信(インデックスファンド)170万円 預貯金200万 年間配当金16万円(税引後) 株主優待約20社   株での確定益と含み益は約300万円  基本買ったらずっとホールド インデックス投資に目覚める、やっと今年から積立スタート。節約しつつ資金を捻出。株主優待で食費節約。

スポンサーリンク
遅れましたが先月の収支報告

収入
手取り21万円

出費 
家賃 53000円
電気代 2500円(78kwh 30A契約)
ガス代 2100円(8㎡)
水道代 1500円(2か月に一度3000円なので)

インターネット 2800円
固定電話 1800円
ケイタイ 2000円

食費 7000円

雑費 2000円

家族旅行積立 10000円(行かない場合、余りは仕送りに回す。家族といっても年老いた母と私の兄弟ですよ。)

生活費合計 84700円


投信積立8万円

(以下に2万円づつ。
ニッセイ外国株式インデックスファンド、
ニッセイ外国債券インデックスファンド、
eMAXIS新興国株式インデックスファンド、
ニッセイ国内債券インデックスファンド)

投信積立合計 80000円

残りは預貯金 45300円



食費7000円ですが、FX口座開設キャンペーン(明日公開予定)でもらった楽天ポイントをサークルKサンクスで使えるようして弁当やおかずなど3000円〜4000円分使ったからこの値段で済みました。

ポイント消費は支出に入れてません。

楽天ポイント45000P(15000P×3社)、アマゾンポイント15000Pもらえて大助かりです。

明日の記事で紹介します。

やはり食費はもともとの予算3万円ですが宣言どおり半分の15000円程度でいけそうです。

1日当たり500円なら余裕ですね。

節約上手の人はこれぐらい普通なのかな。
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL