底辺手取り21万円が節約のため株はじめた。

197○年生まれ独身、底辺手取り21万円が節約のため株はじめました。 2013年前半に株取引開始。総資産1200万円 内訳 株800万円 投信(インデックスファンド)170万円 預貯金200万 年間配当金16万円(税引後) 株主優待約20社   株での確定益と含み益は約300万円  基本買ったらずっとホールド インデックス投資に目覚める、やっと今年から積立スタート。節約しつつ資金を捻出。株主優待で食費節約。

スポンサーリンク
ちょっと前に東京電力の毎月の電気使用量明細と一緒にポストに入っていたチラシで知りました。


でんき家計簿、登録するとネットで2年ぐらい前までさかのぼって電気使用量など見れて、自分とよく似た家庭と使用料の比較ができます。

また、平日、休日の在宅状況や夏場のエアコン使用時間帯など入力するとオススメの電気料金メニューを教えてくれます。

知りませんでしたが土日お得プランや朝得プラン、夜得プランなどあるみたいですね。


私は平日昼間は仕事で家にいることがなく土日は1日中ほぼ家から出ることのない引きこもりですので、土日お得プランが気になるところです。


それでは見ていきます。

201506denki


赤のグラフが同じ契約容量(30A)の家庭のグラフ、濃い青が今年の私でうすい青が前年の私。

同じ契約容量の家庭との比較ではだいぶ私の使用量は低くなっています。

1人暮しですと20Aの契約でもいいんですが、何度かブレーカーが落ちパソコンが調子悪くなってしまったことがあるので30Aにしています。


面白いのが去年の夏場の電気使用量。

同じグラフですがわかりやすく赤丸を付けます。
BlogPaint

去年の夏に15年物のエアコンが壊れたので最新のものへ大家さんに交換してもらいました。

古いエアコンの時から設定温度は27度くらいで変わりません。

やっぱり今のエアコンは省エネタイプなので消費電力が少なくて済みますね。

古いエアコン時代は月に5000円に届きそうな値段でしたが新しいエアコンは3800円ぐらいで済んでます。

10年以上前のエアコンでしたら大家さんに交換お願いしてみてもいいかもしれませんね。



そして「よく似た家庭」と「節約上手の家庭」と「私」との比較。

3つのグラフになります。

「よく似た家庭」とは、契約アンペアや世帯人数、家の広さなど似ている家庭です。

「よく似た家庭」(灰色のグラフ)には圧勝ですが、「節約上手の家庭」(緑のグラフ)とは同じぐらいですね。
201506denki2

私はほぼ毎日、卓上のIHコンロか電子レンジで自炊してますし、家にいるときはパソコンの前から離れませんのである程度はしょうがないんですけどね。

でも「節約上手の家庭」よりも多少ではありますが節電できてるのでよかったです。



最後にオススメプランの診断結果ですが、今まで通りの「時間帯に関係なく均一の料金がかかる一般的なプラン」でした。


登録するときにID、パスワード設定など面倒ですが暇なとき登録してみてはどうでしょうか?
スポンサーリンク



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック