底辺手取り21万円が節約のため株はじめた。

197○年生まれ独身、底辺手取り21万円が節約のため株はじめました。 2013年前半に株取引開始。総資産1200万円 内訳 株800万円 投信(インデックスファンド)170万円 預貯金200万 年間配当金16万円(税引後) 株主優待約20社   株での確定益と含み益は約300万円  基本買ったらずっとホールド インデックス投資に目覚める、やっと今年から積立スタート。節約しつつ資金を捻出。株主優待で食費節約。

スポンサーリンク
優待案内到着 (株)ヴィア・ホールディングス


今週はギリシャショックと中国株暴落で日経もだいぶ下がりましたが、インデックス投資家の端くれとしては淡々と毎月積み立てていくのみです。

特に先進国株と新興国株はまだ今年から積立スタートし始めたばかりですので暴落は安値で仕込めるまたとないチャンスです。

なので、あたふたするというよりもチャンス到来という感じが強いです。

中国株価指数の上海総合なんて今年に入って異常なほど上がっていましたからね、2000から5000に上がってたら誰でもいったんは下げると思いますよね。

今日は3700〜3800に落ち着いていますがまだ下げが甘いと思いますがどうでしょうか。

日本株は仕込みきっているのであまり下げてほしくはありませんが。



3月末日・9月末日 100株 グループ各店舗で使えるお食事券、お食事券を使って郵送で交換できる商品もあり。

100株以上で2500円分(5枚分)、保有株数に応じて金額アップ。

印刷から撤退、外食に集中。焼き鳥居酒屋、お好み焼き屋など傘下。首都圏地盤。M&A積極的。




850円ぐらいから7月に入って一気に1000円台まで跳ね上がりました。

理由はいつもながら調べていません・・・。

上がるときもあれば下がるときもあるということです。

優待銘柄に関しては雑誌で取り上げられるたびに上がるので、まあ5年後のオリンピックまではじわじわ上げていくと思っているのですがどうでしょうか?



ここはできるだけ店舗で優待を使った方がいいかもしれませんね。

郵送の商品ですと明らかに割高になっていると思います。

送料とかあるんで仕方ないんでしょうけど。

写真じゃわかりづらいですがカルピス470ml×2本で2500円もしないですよね。


CA3J0010

右下が一番高価な35枚×500円=17500円相当の竹鶴21年 ピュアモルト700ml

CA3J0011
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック