底辺手取り21万円が節約のため株はじめた。

197○年生まれ独身、底辺手取り21万円が節約のため株はじめました。 2013年前半に株取引開始。総資産1200万円 内訳 株800万円 投信(インデックスファンド)170万円 預貯金200万 年間配当金16万円(税引後) 株主優待約20社   株での確定益と含み益は約300万円  基本買ったらずっとホールド インデックス投資に目覚める、やっと今年から積立スタート。節約しつつ資金を捻出。株主優待で食費節約。

スポンサーリンク
先日(7/14)ラジオで面白い話が聞けたのでちょっと書こうと思います。


TBSラジオ、荒川強啓デイキャッチという夕方の番組で、その中のデイキャッチニュースクリップのコーナー。

日替わりで政治、経済などの専門家が登場します。

たまに中国に詳しいフリージャーナリストの福島香織さんという方が出るのですが毎回興味深い話をしてくれます。


中国で株の証券口座開設数は合計で2億7〜8千万口座あって、その中で実際の参加者が9千万人ほどいるそうです。

人口が13億6千万人の国ですから日本とは比べものになりませんね。

日本の人口が約1億2000万人でその10%ぐらいが株式投資人口でしたっけ?

検索しても正確な数が出てこないという・・・。


中国の9千万口座の内、個人投資家が8〜9割占めているそうです。


ジャーナリストの福島さんは言います。

「中国の株式市場で勝つ人と負ける人っていうのは決まっているんです。勝つ人っていうのは太子党(中国共産党の幹部の子弟など特権的地位にいる人々)や中国人民銀行のご子息とか親戚とかそこら辺とつながりのある人、負ける人っていうのはそれ以外の人。つまりインサイダーなわけです。」

これ聴いて思わず吹き出しました。インサイダーってズバリ言いすぎです(笑)

コメンテーター
「どれぐらいの人が勝つ人に入っているんでしょうか?」

福島さん
「上から100人くらいでしょうか。だから中国の株式市場はちゃんとした株式市場じゃなくて鉄火場(ばくち場)なんですよ。」


上から100人って少なすぎだろうと思いますけどね、どうなんでしょう。

コメンテーターもそこは突っ込まなかったです。

印象に残ったところを抜粋して書いてみました。


そのほかの話しは中国の人権派弁護士が大量に連行されたことなど言ってました。

中国共産党に目をつけられてる人は裁判所に訴えても負けます。

共産党のほうが裁判官より上ですから。

じゃあどこに訴えるかというと世論に訴えます。デモや抗議。

そのやり方を教えるのが人権派の活動家。

その活動家が逮捕されたときに弁護するのが今回大量連行された人権派弁護士。


中国当局の言い分としては、正々堂々と裁判所に訴えるのではなく、違う方法で訴えるということはおかしい、社会秩序を乱す、違法行為だ。それを弁護するのは悪い弁護士だというような内容でした。


ラジオは原発やTPPのことなどTVじゃやらないようなことまで言ってくれるので面白いです。
聞いててヒヤヒヤしますけど。


あと私は中国が良いとか悪いとかいうつもりはありません。

世界に対して影響力の強い中国という国の現状を知っておきましょうという感じですかね。


あらゆる文化や国、宗教は尊重されるべきです。

「私の宗教(価値観)が正しくてその他の宗教(価値観)は間違っている!」ってことで争いが起こってきたわけですから。


話しがそれましたが、中国の株式市場の現状を知って、思わずコーヒー吹き出したって話でした。

今後の中国株式市場の株価が上がるか下がるかの話しを期待してた方すいませんね、その話じゃなくて。

それを知ってるのは上位100人のインサイダーの人たちのようです・・・。


中国をもっと知りたい方、5年前の本ですが反日運動や格差社会、少子高齢化、年金崩壊、それ以前の歴史などわかりやすく書かれています。

私のような世界情勢のド素人でもすらすらと読めます。
さすが池上彰という感じです。

今後50年でアメリカを抜いてダントツ経済力1位になる国のことは知っておいて損はないです。
今の内すり寄っておけばおこぼれもらえますよ。

読んでない方オススメです。
そうだったのか!中国 (集英社文庫)

(http://www.tbs.co.jp/radio/dc/clip/ TBSラジオ、PCでも聞けるみたいです、いつまで聞けるかわかりませんが張っておきます。)
(http://podcast.tbsradio.jp/dc/files/clip20150714.mp3)
スポンサーリンク



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック