底辺手取り21万円が節約のため株はじめた。

197○年生まれ独身、底辺手取り21万円が節約のため株はじめました。 2013年前半に株取引開始。総資産1200万円 内訳 株800万円 投信(インデックスファンド)170万円 預貯金200万 年間配当金16万円(税引後) 株主優待約20社   株での確定益と含み益は約300万円  基本買ったらずっとホールド インデックス投資に目覚める、やっと今年から積立スタート。節約しつつ資金を捻出。株主優待で食費節約。

スポンサーリンク
今日もまた100に一人、1000人に一人が採用してくれればよいというセコイ貧乏節約術です。


私は炭酸飲料が好きです、特にコーラにはチョコと同様中毒になる物質が入ってるような気がしてならない。

いい意味で中毒ですよ、美味しいという意味で。


ゼロカロリーなどの人工甘味料が人体にどうとか少し気にしつつやっぱりゼロカロリーを買ってしまいます。

本来カロリー取るために飲み食いするはずなのにゼロカロリーなど低カロリーの食品を選ぶというのは自然の摂理に反していて違和感を感じるわけですが、豊かな世界の新しい人類のあり方なのかもしれませんね。

もし神様がいて飲み水さえままならない国があるというのに、この国では栄養を取る目的以外で飲食を享楽として楽しんでいる、こんな国は亡ぶべきだ。と言われても文句は言えない気がするな。

とはいえ今日も風呂上がりにコーラを一気飲みする私です。


一人暮らしだと1.5Lのペットボトルを開けてまあ半分ぐらい減ると炭酸が抜けていきます。

最後の1〜2杯目なんか炭酸ゼロで美味しさもゼロです。

500mlのペットボトルで買えばいいと言いますが、それを言えるのはお金持ちの方々です。

まあ、割高です、わたくし節約家としては10円でも安い方を選びたいところです。


昔はペットボトルのふたにシュポシュポするやつが付いていて、空気を送り込み炭酸が抜けるのを圧力で押さえつけるのを使ってました。

飲むたびにシュポシュポはめんどくさいので壊れたのを機に取りやめました。


ちなみにこれ
オススメしません。握力を鍛える方にのみオススメします。


なので現在は500mlのペットボトル3本に分けています。

コーラはそもそも炭酸がきつい。

これならほぼ買った時の炭酸のきつさのまま持ちます。

CA3J0031

500mlの容器は何でもいいと思います。

別にかっこつけてコーラに統一する必要はありません。


アマゾンにて500mlのコーラ1本あたり85円。

1.5Lのコーラが170円でそれを500mlに分けると1本あたり約57円。

差額が28円。この差はでかい、実にでかい。そしてせこい、実にせこい。


ここまで読まれてる方はきっと節約家なのでしょう。

こういった節約ポイントを1つづつ確実に増やすこと、そして継続すること。

時間の経過とともにこの威力は大きくなっていきます。


いつの日か節約なんて気にしない日を目指してお互い頑張っていきましょう。

その日が来たら一緒に割高のコーラ一気飲みしたいですね!
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL