底辺手取り21万円が節約のため株はじめた。

197○年生まれ独身、底辺手取り21万円が節約のため株はじめました。 2013年前半に株取引開始。総資産1200万円 内訳 株800万円 投信(インデックスファンド)170万円 預貯金200万 年間配当金16万円(税引後) 株主優待約20社   株での確定益と含み益は約300万円  基本買ったらずっとホールド インデックス投資に目覚める、やっと今年から積立スタート。節約しつつ資金を捻出。株主優待で食費節約。

スポンサーリンク
7月の収支報告

収入
手取り21万円
ボーナス手取り9万円

出費 
家賃 53000円
電気代 2700円(30A契約)
ガス代 1900円(7㎡)
水道代 1500円(2か月に一度3000円なので)

インターネット 2800円
固定電話 1800円
ケイタイ 2300円

食費 15000円

雑費 3000円

家族旅行積立 10000円(家族といっても年老いた母と私の兄弟です。)

生活費合計 94000円


投信積立8万円
(以下に2万円づつ。先月と変わらず、楽天証券で自動積立。
ニッセイ外国株式インデックスファンド、
ニッセイ外国債券インデックスファンド、
eMAXIS新興国株式インデックスファンド、
ニッセイ国内債券インデックスファンド)

投信積立合計 80000円

残りは預貯金 126000円



もらった楽天ポイント


楽天アンケート480p

クレカ引き落とし250p

投信残高70p(年利率0.05%分だったのが月に10万円あたり4ポイント付与となりやや改悪)

その他約300p

合計1100ポイント

また楽天アンケートが調子よかったので合計で1100ポイントもらえました。
その他のポイントについてはグーグルアドセンスの規約違反なので詳しくはこちらを見てください。

参照 楽天ポイントをためている話


投信残高によって付くポイントは年利率0.05%から10万円ごとに4ポイントに変更されてました。

ということは10万円で年間48ポイントもらえるので年率にすると0.048%と下がりましたが、このぐらい気にしません。


ボーナスが出た分先月よりプラスになりましたが、それ以外の収支はほぼ変わらず。

とはいえ今年に入ってからの日本株が好調なおかげで含み益は今年の分で160万円ほどアップしてますので、この点は素直に喜びたいところです。

この辺りは数日前に書いた記事をよかったらみてください。

参照 日経平均VS私の保有株 で上昇率対決


食費も15000円とけっこうアイスやお菓子食べてたんですけどそこまで金額は高くなかったです。
優待でもらったアイスやお菓子が効いているようです。

今回の電気代はほぼ6月に使った分なのでこれから請求がくる7月の分がどこまで上がっているかが気になるところです。

7月の第2週あたりからは帰宅後の夜7時ぐらいから朝5時ぐらいまでクーラーつけっぱなしで、休日は1日中つけっぱなしなので。
設定温度は27〜28度ですが。

でも去年、大家さんにクーラーを取り換えてもらったおかげで電気代はかなり安く済んでいるはずです。

夏場のクーラー代は1か月に1000円ちょっと多くなるぐらいの予定ですがどうなるでしょかね。
クーラーを交換する前の夏場は2000円以上クーラー代で使ってましたから。

このことは先月の記事にも書いてるのでよかったら見てみてください。

参照  電気家計簿(東京電力)でよく似た家庭と使用料比較 



ということで、まあまあ合格点の収支報告でした。
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL