底辺手取り21万円が節約のため株はじめた。

197○年生まれ独身、底辺手取り21万円が節約のため株はじめました。 2013年前半に株取引開始。総資産1200万円 内訳 株800万円 投信(インデックスファンド)170万円 預貯金200万 年間配当金16万円(税引後) 株主優待約20社   株での確定益と含み益は約300万円  基本買ったらずっとホールド インデックス投資に目覚める、やっと今年から積立スタート。節約しつつ資金を捻出。株主優待で食費節約。

スポンサーリンク
貧BPの人生オワタというブログで
看護士が語った、死ぬ直前に誰もが後悔する「5つのこと」
というMSNニュースの記事をチェックしていました。

この方は以前は働いていたようなのですが今は引きこもりニートをされているようです。
わたしも引きこもりの要素を十分に備えているので他人ごとではないんですよね。

コミュ障で一人が好きで飲み会などのノリについていけない。
働かないで生きていけたらどんなにいいだろうなと思ってしまいます。
実際は職場に恵まれ、あまりストレスを感じることなく働けているので幸運な方だと思いますけどね。

こんなわたしも死ぬとき後悔するようなことをしているのかチェックしてみたいと思います。


1 期待に応えるよりも、“自分らしく”生きればよかった

そもそも何も期待されていないですね。
親が立派な職業につかれている方は期待や重圧があるんでしょうが。
この点は気楽な分、死ぬときの後悔にはならないかな。


2 あんなにがむしゃらに働かなくてもよかった

週5日残業有ですが長期休暇も取れるので普通の労働時間だと思います。
不景気で給料は減りましたが残業も減りましたので個人的にはこちらの方がいいと思ってます。

ただ死ぬときにはもっと早くセミリタイアしてればよかったと思うとおもいます。
ということで今それに向けて模索中。
結婚して家族のためにがむしゃらに働くというのも一つの幸せの形なのかなと思いますが。


3 言いたいことは我慢せず、はっきりと口に出せばよかった

職場で言いたいこと言っていたら敵が増えて働きづらくなってしまう。
仕事の仕方は人それぞれでいいとも思っているので我慢してるほどではないんですけどね。
これはあまり後悔しないかな。

4 もっと友達と連絡を取ればよかった

ぐぐっ、友達がいない私に聞きますかね・・・。
友達が多い人はうらやましいとは思います。
まあ一人が好きなので後悔はあまりしないかな。

5 もっと自分の幸せを追求すればよかった

幸せって考えてみましたがやっぱり結婚なのかな。
あとは親孝行と人の役に立つことするなんて思い浮かびました。
親孝行は親を連れて旅行に頻繁に行くのでこれはクリアかな。

いま旅行に行かないと後悔するだろうなと思って30代になってからやってます。
若いときは親がいつまでもいるものだと思って考えもしなかったです。
これは皆さんにもおすすめしたい、「親孝行したいときに親はなし」ってホント後悔しますよ。
でも結婚してたら中々行けないんでしょうけど。

父の日、母の日に何かあげるということだけでもやっておいてほしい。
今は親のためというか自分のためという意味合いが強いな。

人の役に立つことは仕事がある程度満たしてくれているのかなと。
どんな仕事でも人の役には立ってると思いますので。
あとこのブログでもちょっとでも役に立ったと思ってくれる人がいてくれればという思いでやってる面があります。

あとは結婚か・・・。
ということで△ですね。


5つチェックしましたが後悔するのが一つ△で4つは後悔なし。
合格点でしょうか?
パッとしない人生ですがあまり自分を押し殺すようなことはしないように生きているつもりです。

個人的には結婚されている方はそれだけで後悔の不幸を上回るような幸せを得ていると思うんですけどね。

皆さんはどうでしょうか?
チェックをして死ぬときの後悔を取り除いてはいかがでしょうか?
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL