底辺手取り21万円が節約のため株はじめた。

197○年生まれ独身、底辺手取り21万円が節約のため株はじめました。 2013年前半に株取引開始。総資産1200万円 内訳 株800万円 投信(インデックスファンド)170万円 預貯金200万 年間配当金16万円(税引後) 株主優待約20社   株での確定益と含み益は約300万円  基本買ったらずっとホールド インデックス投資に目覚める、やっと今年から積立スタート。節約しつつ資金を捻出。株主優待で食費節約。

スポンサーリンク
業務スーパー商品紹介。

先日の夕食。
大人の大盛カレー(中辛)250g。
5袋入り275円。
1袋当たり55円。

以前買ってあったイオン(トップバリュー)のレトルトカレーは200gとあるので比べると容量は多い。
たしか90円くらい。
欠点は下の写真を見ればわかりますが具が入っていない点。


CA3J0190

CA3J0193

御覧のように具がない。
黒いのはじっくり炒めた、あめいろ玉ねぎらしい。


CA3J0192
一口メモだがレトルトカレーやカップ麺のスープ(液体)、シャンプーの替えなどは写真のように4つ折りぐらいにして絞り出せば1回できれいに出せる。
以前は平べったいままヨイショ、ヨイショとやっていた。

TV番組ガイアの夜明けかなんかでカップ麺開発の現場取材でメーカーの人がやっていて気付いた。
やっぱりプロは違う、試食会で1秒ぐらいで液体スープを入れていた。
意外とヨイショ、ヨイショってやってる人いますよね。
いないか・・・。


CA3J0194
また一口メモだがアツアツの耐熱ガラスには取り外し可能なフライパン取っ手が使える。
写真右のやつが取っ手。挟んでつかむのでなんにでもはまる。
しかもフライパンをつかむぐらいだから熱に強い。

CA3J0195
具がないので業務スーパーの1つ10円の弁当用ハンバーグと冷凍ブロッコリーをトッピング。
写真上のビン詰は業務スーパーのキュウリの漬物1kg155円。味は普通。
これも圧倒的なコストパフォーマンス。

CA3J0196

肝心の味の方は。
うん、普通にうまい!

喫茶店ならこれに肉や野菜を入れて煮込めばそれなりに美味しいカレーになるのではないかな。
辛さは中辛だがあまり辛くはなかった。

以前どこかの記事でここのカレーは値段相応で味はイマイチみたいなのを見たことがあるので期待はしていなかった。
でもふつうに美味しいです。

ルーだけだと物足りないので要トッピングですが。
カレー55円にハンバーグ20円、冷凍ブロッコリー15円ぐらいで合計90円くらいか。
安いしルーの量も多めなので十分主力の食材になりそうです。

市販されている固形のルーは安いもので130円くらい。
それは水1kg使うので4〜5食分とれる。
(サークルkで買ったスタイルワンの固形ルーの説明文には8皿分とあるが)

1食あたり30円ほどなのでやっぱり固形ルーには値段ではかなわない。

平日の自炊が面倒なときに重宝しそうだ。
保存がきくので次に行った時も買おうと思った。
今度は辛口を。

わたしは平日の夕食は手間がかからずそれなりに栄養が取れればいいと思っているのでこれぐらいで満足。
休日は贅沢に刺身とかステーキとか食べたいですけどね。

業務スーパーを知った今、あまり無理せずに食費がだいぶ浮くと思う。
今まで月15000円〜12000円だったのが10000円を簡単に割りそうだ。

この辺は月1回の生活費の収支報告で書きたいと思います。
スポンサーリンク



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック